西部警察 PARTIセレクション 大門BOX 1ってどう?


「西部警察」って言う刑事ドラマ、知ってる〜?

1979年10月14日〜1982年4月18日の間、テレビ朝日系の日曜日20:00〜20:54に放送されてたんだって。

制作は、あの石原プロモーション。そう、

「石原軍団」

なんで〜す!!


警視庁西部警察署捜査課の

「大門部長刑事(渡哲也)」

を中心とした

「大門軍団」

の刑事たちと、それを見守る

木暮課長(石原裕次郎)

が凶悪犯罪に立ち向かう姿を描いたドラマなんだって!

「西部警察 PARTIセレクション 大門BOX」は、西部警察(PARTI)から選りすぐりの24話を集めた、

「団長=渡哲也氏公認のセレクション」

なんだよ。

今の刑事ドラマでは、考えられないど派手なスケール!!
一見の価値は、大アリだよ。

西部警察 PARTTセレクション 大門BOX 1 [DVD] 詳細はこちら

西部警察 PARTIセレクション 大門BOX 1、大門圭介。


渡哲也率いる大門軍団の主な登場人物を紹介するね。
まずは、

●「大門圭介(だいもん けいすけ」→渡哲也

「大門軍団」って言う別の名前で知られる捜査課の刑事たちをリーダーとして率い、部下達から「団長」と呼ばれてるんだよ。

決め台詞は、

「自分」と「自分は西部署の大門だ」

大門っぽくて、渋いよね〜!


大門のトレードマークのレイバンのサングラスだけど、

「いい齢した大人がパンパン"拳銃ごっこ"をするのがバカバカしくて恥ずかしかったから」

と、照れ隠しだったんだって。シャイですね、渡さん!

実際、警察ではサングラスは「変装届」を提出しないと着用が認められないんだって。とすると、大門は、常に変装していたって事になるのかな〜??


「渡哲也=大門」

ってイメージが強くて、渡さんが演じる役全て、大門さんみたいな役柄に思えて来ちゃうくらい、インパクトが強かったよね〜。

これぞ石原軍団が作るドラマって感じの「西部警察 PARTIセレクション 大門BOX 1」は、CG一切無しのカーアクションてんこ盛り!!
凄い見応えあるんで、要チェックだよ!

西部警察 PARTTセレクション 大門BOX 1 [DVD] 詳細はこちら
posted by PART1BOX1 at 00:00 | 大門圭介

西部警察 PARTIセレクション 大門BOX 1、木暮謙三。


渡哲也率いる大門軍団の主な登場人物を紹介するね。

●木暮謙三(こぐれ けんぞう)→石原裕次郎

キャリア官僚として警察庁に入庁したんだけど、現場を望み、あえて出世コースから外れちゃって、西部警察署へ来たんだって。

一説には暴走気味の大門軍団を抑える目付役だったとか。。。
しかし、実態は、部下の失態を責めないし、一か八かの捜査では

「全責任は私が取る」

って言い切るくらい、部下達が思う存分捜査出来るように配慮し、無茶の多い軍団が力を発揮出来るよう陰でサポートしていた信頼できる上司なんだよ!

事件が解決すると課長室で

「ブランデーにて祝杯」

を挙げているシーンが、印象に残ってるけど、実は、このブランデーは、酒好きで知られた石原裕次郎本人の「私物」なんだって!

西部警察 PARTIセレクション 大門BOX 1では、石原裕次郎は、そこまで大活躍する訳ではないけど、カリスマなのかな〜?
凄い存在感があるんだよね。さすがは、裕次郎!!

西部警察 PARTTセレクション 大門BOX 1 [DVD] 詳細はこちら
posted by PART1BOX1 at 00:00 | 木暮謙三